DC21

http://www.dc21.jp

 

SJDC

http://www.sjcd.info

 

  • HOME
  • インプラントとは

インプラントとは

~第二の永久歯とも言われる画期的な治療法~

◆◇自然歯により近い歯を、半永久的に手に入れられるとしたらあなたは…

人工の歯根を顎の骨に埋め込み、そこに人工の歯を装着することで、天然歯とほぼ同等の状態を回復する治療法のことです。
人工歯根が、顎の骨と一体化するため、入れ歯のように、咬むと痛みが出たり、不安定な状態になることはありません。
またブリッジのように隣の歯を削る必要もありません。従来の入れ歯やブリッジとは違って、違和感や異物感に悩まされることなく、しっかりと噛める、自然で美しい「歯」を手に入れることができます。
人工歯根には、チタンが使用されます。チタンは人体への生体親和性が非常に高く、心臓のペースメーカ等にも使われている材料です。
チタンは、金属でありながら、骨と直接、結合する特性を持っています。
また、金属アレルギーの報告がない材料としても知られています。
取り付ける人工の歯も、他の歯との噛み合わせやバランス等を考慮した、精密で機能的な歯を作ります。
インプラントは、機能的にも見た目にも、自然で美しい口元を手に入れることができる治療法なのです。

 

インプラント治療の流れ

まず始めに、患者様のご要望をお伺いするためにカウンセリングを行います。日頃の歯に対する悩みやご希望などをお伺いします。

CT撮影をして術前治療診断シミュレーションシステム SimPlant Proにて3次元的に詳細な診断を行い、インプラントが出来るか、また、お口の模型の製作、レントゲン撮影、これらを総合的に診断し、それぞれの患者様に合わせた最適な治療計画を作成します。

1次手術麻酔専門医が静脈内鎮静麻酔をかけます(オプション)。これにより、痛みや恐怖心をまったく感じることなく治療が受けられます。そしてインプラントを埋める部分の歯肉を開いてアゴの骨にインプラントを埋め込み、開いた歯肉を縫い合わせて閉じます。手術後は、翌日に来院して頂き、消毒し、1週間後に糸をとります。

インプラントが骨としっかり結合されるまで治癒期間を設けます。治癒期間は、骨の状態・手術法・全身状態などにより個人差があります。又、この間必要に応じて仮の歯を入れますので日常生活には支障はございません。おおむね3ヵ月から6ヶ月程度お待ち頂きます。

2次手術歯肉を開いて仮の土台を入れます。この状態で歯肉が治るまで2~6週間おきます。

お口の中の型をとり、インプラントに取り付けられる人工の歯を製作します。人工の歯完成後、インプラントに取り付けます。これで治療は一旦終了となります。手術の日から数えて平均4ヵ月から7ヵ月後になります。その後は1ヶ月後、3ヵ月後、6ヶ月後に来院して頂き、メインテナンスをして行きます。

∴ページのトップへ